アマチュア ビデオクラブ 大阪ムービーサークル

 

Osaka Movie Circle since1937

2021(令和3年)

01 新年のごあいさつ

02 映像コン 河口、高瀬両氏受

03 早く来いこい ワクチンさんよ

04 課題コンテーマは「窓」

05 4月例会休会、撮影会も中止

06 待望のワクチン接種

07 OMCの役割一層高まる

クリックでpdfファイルが開きます

 大阪アマ連 OMCの役割一層高まる

今まで7クラブで運営してきた大阪アマチュア映像連盟だが、3クラブが連盟からの脱会が決定的となった。今年の秋には第25回目の映像祭となるが、残された4クラブ(大阪ムービーサークル、寝屋川市映像協会、映像岸和田、ビデオサークル堺)で映像祭を盛り上げていかなくてはならない。

我が大阪ムービーサークルの役割が一層重くなった。

 

 待望のワクチン接種

コロナ禍は山を描きながらも留まることも無く続き、今も3回目の緊急事態宣言が続いています。そして6月20 日迄延長との事。この影響で5月例会も休会を余儀なくされました。安心して例会も二次会の会話も楽しめるようになりたいですね。普通の生活、活動を取り戻すにはワクチン接種が広く行き渡ることです。若い人たちは後回しで当分先になるでしょうから、高齢者だけがワクチン接種を終えても、しばらくはマスクや手指の消毒3密対策等は要請されるでしょうが、明るさが見えてきたことは歓迎です。

 

 第三次緊急事態宣言 4月例会は急遽休会

コロナ禍は治まるどころか、変異株登場により大阪では4月下旬より連日1千人を超す猛威をふるって医療体制が逼迫している事態となった。第三次緊急事態宣言が4月25日から5月11日迄の間実施され、4月24日(土)に予定していた例会は休止となった。また、撮影会は昨年に引き続き今年も実施しないことになった。

 

 宮中歌会始の儀にちなみ 課題コン テーマ「窓」です

大阪ムービーサークルでは、毎年宮中歌会始で発表される来年の課題をテーマにして、映像コンテストを実施してきました。これが好評で毎年多くの方が作品を作ってコンテストに参加されています。

映像作品を制作するにあたって、さて何を撮ろうか、よいテーマ無いかと迷うものですが、皆共通のテーマが与えられると、目標が出てきて制作意欲も湧いてくるものです。テーマは同じでも各々違う作品が揃って見ていて、成程こういう見方もあったかと刺激も受けます。

課題コンは7月第2例会15日(木)とします。皆さん頑張って挑戦してください。

 

 早く来いこい ワクチンさんよ

恒例の一泊撮影会も昨年に引き続き今年も無理のようである。一泊撮影会の楽しみは夜お酒を飲みながらの懇親会である。食事は黙って食べよ、会話するときはマスクをして大声を出すな!では一泊撮影会の楽しみが無い。

根本的解決はやはりワクチン接種が高齢者を中心に広く行き渡るところまで行かないと無理だろう。

ワクチンさえ皆が打てれば少なくとも精神的にも気分が楽になり、映写会にも行ってみよう、撮影旅行もしてみようということになろう。

 

 とよた映像全国コンに 河口、高瀬両氏が受賞

豊田市で行われているビデオの全国コンテストに上記2名の方が入賞されましたのでお知らせいたします。

■ 審査員特別賞 河口禮志 「めおと節」

■ 同上     髙瀬辰雄 「紙吹雪舞う拳母祭り」

 

緊急事態宣言延長で2月例会は夜から昼に変更

通常例会:2月第4土曜日27日、13時より難波市民学習センター・セミナー展示室にて開催致します。夜から昼間の午後に変更になっていますので、お間違い無き様願います。

 

 新年のごあいさつ

今年の「夢」、皆と鍋をつつき、顔を合わせて

映像談義で大いに語り合いたい

会長 合原一夫

コロナ禍が昨年よりまだ続いており、いつ終るか分からない令和3年の幕明けですが、早くワクチンが行き渡ってコロナ騒ぎに終止符を打ちたいものです。ソーシャルディスタンスとか「3密」とか、いまわしい言葉が早く過去のものになってほしい。そして「普通の生活」「通常の映像活動」を取り戻したい。とにかく、これが今年の私の夢なのだから、夢の概念も変わったものです。

カウンター